NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > 事業報告
フォントサイズ 

【ILove加賀ネット】が計画・実施したイベントの模様など事業報告です。

 

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)7月2日掲載>】

■ I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)7月2日掲載>
宇吉郎 ゆかりの地巡り                       
~幼少時の大聖寺~
【報告ページ】  その2
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
〇会員の皆さんの感想、並びに要望(全国各地から12名のアンケートに関する意見が寄せられる(その中
  から3名の方の意見を抜粋)。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  左) ●福田 暉夫さん(千葉県) 「次の20年先の友の会を見据えて」
    ❆20周年の総会の案:基本方針
    ・現加賀地区会員の頑張りを全国に広げ、加賀以外会員の参加増を目的とする。そのため 20周年
     総会は加賀会員を主対象に。特に総会初参加会員を歓迎
    ・そのための方策等…
     イ)「共有の体験で会員同士がまず知り合うこと」
     ロ)話題は何か? 例ー「私の好きな宇吉郎の随筆」
     ハ)誰と話し合う? (話し合い後の共通意識)
     ニ)次に20年後の展開     
       他等々。以上は「友の会」のさらなる活性化と永続を願った騎乗案です。

  中) ●中曽根有希さん(福井県) ☆中谷宇吉郎友の会総会、ゆかりの地めぐりに寄せて
    ❆“宇吉郎さんは心の優しい科学者”だと思ったから。
     ・ブッククディレクター、幅 允孝(よしたか)氏が、中谷宇吉郎博士を評して言われた言葉。
     先日幅氏がブックディレクションを手掛けた福井のライブラリーでのイベントに参加し、そのライブ
     ラリーで宇吉郎博士の“雪は天からの手紙”をどうしておかれたのですかとお尋ねしたところ、こ
     んな素敵な回答をいただきました(巻頭文)。
     ・そして、もう一冊おすすめされていたのが、“ドミトリーともきんす”宇吉郎博士をはじめ、4人の科
     学者の言葉を題材に書かれて、描かれており、こちらは作者の高野文子氏が、科学のイメージを
     やわらかいものとして伝えようとされています。
     ・今日はゆかりの地をめぐりながら、まだまだ勉強不足ではありますが、宇吉郎博士を少しづつ身
     近に感じられる一日になりました。

  右) ●外嶋 友哉(神奈川県)
    ❆天から舞い降りた雪…。積もる「よりどころ」が加賀にあった。
     ・雪の科学館設計の磯崎 新氏が「舞い降りたその雪を受けとめる両の掌でありたい」という想いを
      館に込められ、冬にはきれいな雪が覆う写真を見せていただきました。
      ~館がずっと受けとめ続けてきたものは、天からの雪だけではなかったのでは…と感じます~
     ・加賀から離れた神奈川で、中谷宇吉郎氏への関心が雪の結晶の核とするならば、私共々来訪者
      らをしっかりと受けとめて下さった館の存在であり、親切に対応していただいたスタッフの皆様です。
      天から舞い降りた雪が、積もる「よりどころ」を得たように、雪の結晶や宇吉郎氏に好奇心を得た
      人たちの「よりどころ」が、つまりは加賀の雪の科学館なのだと思います。館のもつ意義、重みを
      感じ、同時に皆様への感謝を表します。今後とも我たちのような来訪者を受けとめ、宇吉郎氏の遺
      志を後世に伝え続けてもらえることを願ってやみません。

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)6月29日掲載>】

開湯法要
~片山津温泉 愛染寺で法要~
【報告ページ】 その1
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////           
〇片山津温泉の始まりは…1876年(明治9年)に柴山潟干拓による大規模難工事のなか温泉として入浴が可となり、翌年1877年(明治15年)に「湯の出旅館」の開業が始まりです。
〇片山津温泉を築いた近藤幸即 (ゆきただ)氏…愛染寺境内に大きな黒い石碑があります。これは片山津温泉の礎を築き上げた近藤幸即をしのび、平成14年 (2002年) 6月23日に建立されたもの。
幸即氏は加賀藩の御算 (会計係) を務め、その後片山津で温泉宿を開くための温泉発掘作業を行いました。
〇アルミ製の筒6本で支えられている子の大きな石は、源泉の水圧で石が浮かぶ姿を現しています。地元に住む人や県内外に在住する人達の想い出の黒石です。ほとんどの人が石にまたがって遊んだ「ふる里」の石。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【写 真】 
  左) 「開湯記念日」の意義を唱える竹内秀岳住職
  中)  片山津温泉を築いた 近藤幸即 (ゆきただ)氏を象徴する黒石(愛染寺境内)
  右) 「北國新聞」記事による「愛染寺」境内黒石 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【写 真】 
  左) 「開湯記念日」の意義を伝える竹内秀岳住職
  中)  片山津温泉を築いた 近藤幸即 (ゆきただ)氏を象徴する黒石(愛染寺境内)
  右) 「北國新聞」記事による「愛染寺」境内黒石 

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)6月22日掲載>】その

梅雨入りの「柴山潟」~「白山」 
「高峰桜」にみるボランティの方々の協力
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北國新聞社の提唱による金沢育ちの世界的化学者、高峰譲吉博士の尽力で日本から
米首都ワシントンに植えられた「ワシントンの桜・里帰り事業」の記念植樹が行われて丸
5年。                                      
「当会」にも寄贈戴いた大切な1本は、四季を通じて柴山潟~白山を仰ぎ見ながら,四季
の風・雨・雪の合間をしのぎ育ってまいりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【写 真】   
  左・中) 囲いの修繕と雑草狩りできれいになった「高峰桜」の周り…作業をしてくだ
       さったのは、柵の作業・大井信夫氏(福井市在住)、草刈作業・山崎英樹氏
       (加賀市在住)
    右)  梅雨入り後の「柴山潟」

〇文・コメントは「雪の科学館 新 佳織館員」…梅雨入りが発表されてからの高峰桜と白山の写真です。
  【白 山】 白山の山頂には鼠色の雨雲がかかり、梅雨らしい表情をしています。
         白山が綺麗に見えないかわりに、風のない柴山潟には噴水が空に向かってひときわ真っ直
         ぐ伸びていました。
  【高峰桜】 大きな青い葉が元気に育っており、強い生命力を感じます。補強された幹もしっかりと根を張
         った様子。 梅雨時期の雨をあびて、ますます大きくなるのが楽しみです。

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)6月12日掲載>】その1

■【事業報告】その1
廣瀬 幸雄氏の「水素珈琲」出前講座
~小松空港内でショップ展開 ! ~   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【写 真】①
  左)  【北國新聞】 水素コーヒーでチャレンジ店記事
  中)  廣瀬金大名誉教授 自ら説明を (中央テーブル・真ん中)  
  右)  等身大の写真でアピール

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)6月12日掲載>】その2

■【事業報告】
風雪を凌いだ「高峰桜」の 囲い柵修繕                          
~雪の科学館~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【写 真】①
  左)  梅雨入り前の晴れ間の「白山」 (撮影・雪の科学館 角谷 亨)
  中)   「木漏れ日」、雪の科学館横の小道 (撮影・ 同  新 佳織) 
  右)  湖面からの強い「風雨」に「柵」が破損。大井信夫氏 (福井市在住)のボランテイア作業により
      修繕されました (撮影・大井信夫氏)

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)6月5日掲載>】

■【事業報告】
 篠原古戦場・首洗池に 実盛・義仲・光盛子孫が集う          
 800余年の歴史が蘇る 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【写 真】①
  左)  「無残やな 兜の下の きりぎりす」 「とどめなき涙が頬に…」
  中)  シンポジューム終了後に向かった首新池の夕暮れ時
  右)  北國新聞記事

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)5月27日掲載>】

【事業報告】
雪の科学館のまわり
・・・・・・・・・・・・・・・・・
■写 真■
   左・中)  GW中も沢山のお客様にご来館いただきました !  小学校は遠足シーズン。雪の科学館で雪
         や氷について学習したり体験した後は、館の前庭で待望のお弁当タイム ! 皆さんとっても楽
          しそうでした~ ! 良い思い出になれば嬉しいです <雪の科学館・新 佳織>
    右)   隣にある公園で「マレットゴルフ」を楽しむ地域住民の皆さん < I Love加賀ネット ライブラリー
         写真から>

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)5月17日掲載>】

【事業報告】
爺ちゃんのアトリエから
山手111番館・鎌倉文学館・横浜山手111番館
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 【写 真】  
   左) 山手111番館
      気温も30度に近く、日差しも強く、将に夏日です。
      肩凝り用に張ったモーラステープ跡に紫外線があたり、剥がしているのに皮膚が炎症を起こしたの
      か、かゆい。
      連休中なので何でこんなに混むのかと言いたい位混んでいた。
      何時もはスケッチ会が終わると近くのコーヒーショップで雑談するのだがどこも満員、そのまま解散
      した。

   中) 鎌倉文学館
      江の電は混んでいた、文学館だから流石に外人観光客は少ない、
      バラはちらほら、満開として描くことにした。
      こんな風に見える場所は一か所だけ、長く座って居れないので、下書きだけして楽に座って居れる
      場所に移る。
      77歳、喜寿を記念して同期による記念文集を作って呉れることになった、題は何でも良いから800
      字以上書けと言って来た。
      作文は苦手、喋るのはもっと苦手、でも何か書かないといけないのでちょっと気が重い。

   右) 横浜山手111番館
      港の見える丘公園は何時来ても異国情緒漂う横浜の雰囲気を代表する気持ちの良い場所です。
      近くの111番館を望む噴水のある広場に陣取って描きました。
      この広場は横浜名物〝赤い靴”バスの折り返し場所となっており、定期的に赤色のバスが噴水を
      ぐるりと廻って行きます。
      また、はとバスが観光客を乗降させる場所にもなっており、結構頻繁に来ます。
      5月連休前の新緑の季節です。

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)5月4日掲載>】①

【事業報告】 ①
九谷「茶碗祭り」早朝から大勢の人出
品選びの買い物客
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【写 真】
  左) 開門と同時に人の列
  中) 会場内はこの通りの混雑ぶり
  右) どのテントともこの通り

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成29年 (2017)5月4日掲載>】②

【事業報告】 その②
各店趣向を凝らしての出品
長左エ門テントは「窯元」案内のお知らせでした(案内人みっちゃん NO:2(右)の登場?)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【写 真】 その2
  左) 同店の名物案内ガールが二人に?(テント内での出品は無く、窯元の案内でした)
  中) 帰路、8号線近くの「同店」窯元へ
  右) ナント! この庭から(寺井町) 彼方jに「白山」連峰が見えました。柴山潟から見る風景と、また違う情景です。

 

   

全部で 807 件が登録されています。[ 11-20 ]
前へ 1 [ 2] 3 4 5 次へ
 

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内)     Tel 0761-74-1147   Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.