NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > 事業報告
フォントサイズ 

【ILove加賀ネット】が計画・実施したイベントの模様など事業報告です。

 

   ■ I Love加賀ネット情報 <平成30年 (2018) 3月29日掲載>その❶

開花間もなく”高峰桜〟
~雪の科学館~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢育ちの世界的化学者、高峰譲吉博士の「ワシントンの桜・里帰り事業」(北國新聞社)の桜の苗木一本が、「中谷宇吉郎「雪の科学館」にも寄贈されています。この貴重な一本は中谷博士と高峰博士との「理化学研究所」繋がりから「当会」が申請し受けたものです。
このところのポカポカ陽気で、「柴山潟」湖畔の「高峰桜」開花間近です。
  【写 真】
    左・中) 雪の科学館 喫茶「冬の華」そばの「高峰桜」。まだ”つぼみ〟状態 (撮影/3月28日夕方)
     右)   昨年の開花状況 (撮影/29年4月8日 

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成30年 (2018) 3月29日掲載>その❷

片山津~篠原 
第7回 古戦場めぐり”桜„ウオーク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期   日/2018(30)4月.8(日) 9時30分受付
集合場所/中谷宇吉郎「雪の科学館」
コ ー ス /首洗池~実盛塚~金明竹
■実盛塚で特別催しを行います
  供養・愛染寺住職
  献奏・クラリネット・中曽根有希
  その他 片山津健康クラブによる篠原懐古(コーラス)・舞いを披露
■当日受付します。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成30年 (2018) 3月19日掲載>

”桜〟開花予想早まる !!
雪の科学館周辺の満開時写真
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  雪の科学館入口から、「館」を取り巻く広大な公園内は”桜〟の名所」でもあります。
    左) 入口から”桜〟の歓迎ロード。
    中) 「館」本体の周りも”桜〟
    右) 併設の喫茶「冬の華」に面する柴山潟湖面。その彼方に「白山」の峰々が鑑賞できます。

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成30年(2018) 3月13日掲載>

”桜〟見どころに「雪の科学館」
柴山潟~白山の眺望とマッチング
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   今日は雲一つない青空です。少し霞んでいますが、白山も美しい!
   雪の科学館横の今は寂しい桜の木も、春になれば満開になるでしょう。
                     (撮影・コメント…雪の科学館・石川学芸員)
 【写 真】   
   左) 雪の科学館 柴山潟湖面に沿って”桜〟の木々
   中) この日 (3月12日) の柴山潟~白山。湖面では”鴨〟が羽休め。
   右) 雪の科学館前広場の満開の”サクラ〟2017(29)4月8日撮影)、

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <平成30年(2918) 3月5日掲載>

雪の科学館~柴山潟~白山の峰々
朝陽輝いて・・・、絶景 !!
❅❅❅❅❅❅
  【写 真】
     左) 雪の科学館「正面」入口から、柴山潟方面に照る朝陽。
     中) 柴山潟から「白山」を観る。今の時期の太陽は「白山」のかなり左側からの位置に。
     右) 画面右手に旅館群。この日は波一つない穏やかな「柴山潟」。宿泊の観光客の皆様の目にも、
        朝陽と湖の景観は旅の思い出になったことでしょう。

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <平成30年(2018) 2月25日掲載>

I Love加賀ネット10周年記念企画
第3回佐々木雅也「経済講演会」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 【写 真】
   左・中) 開催「チラシ」
    右)  これまでの講演から

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <平成30年(2018) 2月14日掲載>

雪の科学館
関西風?”雪だるま〟が「こんにちチわ!」
❅❅❅❅❅❅
  【写 真】
    左) 関西から11名のグループで来館された皆さんの”雪だるま〟作品。なかなか愛嬌のあるだるま
       サンで、思わずホッコリ微笑でしまいます。
    中) これまで展示されていた「雪のデザイン賞」上位入賞作品が期間終了となり、明かり取りの出窓
       に戻りました。久しぶりの好天と調合された、”雪風景〟が、また一段と美しく映えます。
    右) 「雪」の晴れ間の日、雪の科学館からの「白山」眺望はとても麗しく、そしてキリッとさせられる眺
       望です。
                                           ❅撮影/雪の科学館・新 佳織館員

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <平成30年(2918) 2月2日掲載>

❅青空 久しぶりに戻る
 雪の美しさを「雪の科学館」で… 
 ■NHKアーカイブ 「雪に挑む科学者たち 雪の結晶レプリカ の作成」をご覧下さい
❅❅❅❅❅❅
 石川県加賀地方は、先月中頃から本格的な「冬」となり「雪」の日が多く続いています。そんな合間の本日
 (2日)、「白山」がひと際美しく輝いています。
 「雪の科学館」から眺望する「白山」は、手前の柴山潟を通して、日々夫々の姿が眺められる絶景地です。
❅❅❅❅❅❅
 【写 真】
   左)  中谷宇吉郎記念切手<日本郵便>…・NHKアーカイブ 「きょうの蔵出しNHK…と、重ね合わせてご
       覧ください。
   中)  「雪まくり」…日本大百科全書(ニッポニカ)より➡気温が0℃に近いときき、傾斜地では、木の枝な
       どから落ちた雪塊が雪面上を転がり、ロールケーキ状に巻かれた円板や円筒形の雪の塊になる
       ことをいう。
   右)  久しぶりに青空が見え、「白山」の眺望は美しく映える・・・。      

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成30年 (2018) 1月28日掲載>】

❅雪・舞い降りる
 ~中庭:グリーンランド氷河の原~
❅❅❅❅❅❅
 中旬以降、列島各地で「大雪」となりました。「雪の科学館」周辺もすっぽり雪に覆われましたが、雲間からの冬の陽ざしに、中庭:グリーンランド氷河の原に「白雪」が輝くようにきれいです(美しい~~)。<写真右手前は館の影>
「雪の科学館」設計は磯崎 新氏。「中庭:グリーンランド氷河の原」は、中谷宇吉郎博士二女・芙二子さんの修景です。    
 【写 真】
   左)  「中庭:グリーンランド氷河の原 (1月15日午後:撮影)…写真中央の前方彼方に「白山」。
   中) 館周辺に冬鳥の「アシアト」が・・・。
   右) スクラップ帳からの記事です・・・(北国新聞「「地鳴り」欄 2014年(平成26年3月8日の投稿です。

 

   

  ■【 I Love加賀ネット情報 <平成28年 (2016) 1月13日掲載>】その1

雪との美しい調和
中谷宇吉郎「雪の科学館」周辺
・・・・・・・・・
❅「雪の科学館」新 佳織レポート・・・本日の雪の科学館周辺の様子です。
積雪を測ったところ、館の前の道は約31㎝も積もっていました。入口フードには氷柱もいくつかできていました<12日13::05写す>
雪は降りやみ、日も少し照ってきたので一面の銀世界がさらに輝いてみえます。
夜にかけて、また雪が降る見込みですので油断はできませんが、真っ白な美しい雪景色を、私のカメラアイでお届けします。
■写真 その一
   左)から 氷柱➡1F館正面玄関から、2F入館者入口への橋ロ-ド➡館横塀から柴山潟方面への通路

 

   

全部で 851 件が登録されています。[ 11-20 ]
前へ 1 [ 2] 3 4 5 次へ
 

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内)     Tel 0761-74-1147   Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.