NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > 事業報告
フォントサイズ 

【ILove加賀ネット】が計画・実施したイベントの模様など事業報告です。

 

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31年 (2019)4月8日

[事業報告】
コース途中で「小雨」となり、急遽ウオークを休止。片山津地区会館ホールに移動し「篠原懐古」の合唱、演舞を行いました。
片山津健康クラブの皆さん14名の「篠原懐古」合唱・演舞を、角谷一之氏 (87歳) 指揮の下での披露です。合唱・演舞に携わった皆さんの平均年齢は70歳を超えています。
  ~片山津健康クラブの皆さまを始め、供養法要(愛染寺竹内住職、同演奏(童謡曲)を奏でて戴いた中曽根有希さん。
    そして(加賀市内外から)30名を超えるご参加の皆様)に感謝です~ (川口)
・・・・・・・・・・・・・・・・
 【写  真】
    左・中 ・・・指揮をとられた角谷 一之氏とウオーク参加の皆様
    右   ・・・ 郷土紙「北國新聞」記事」

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31年 (2019) 4月4日

柴山潟周辺の”桜„開花
高峰桜ももうすぐ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だんだんと気温も上がり、風にはかすかに甘い春の香りを感じるようになってきました。
雪の科学館の周辺には桜並木があり絶好のお花見スポットなのですが、まだ現在は開花しはじめたばかり。
先日までは枝先の芽がピンク色に染まっている程度でしたが、花が咲き始めると満開になるまでそう時間はかからないと予想されます。
季節のイベントはスピード感が大切。お花見のタイミングを逃さないように気をつけたいです。
柴山潟沿いにある「高峰桜」は、いまにも開きそうな大きなつぼみをつけていました。
                        レポート/写真(左・中)雪の科学館‣ 新 香織
【写真】
  上・中…雪の科学館周辺の”桜„開花状況と満開時の同館周辺(4月4日現在)
   下 …昨年の満開時の”桜„…雪の科学館入口周辺

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31年 (2019) 3月25日掲載>

I Love加賀ネット4月の事業お知らせ
❶第8回「〝桜„ウオーク」4月7日(日)
❷第4回「佐々木雅也」経済講演会」4月20日(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇今期は『開花予報』が早まりました。”桜„ウオークは当初計画していた日程通り、月初めの第2週として行い
  ます。当日は急遽、コース予定変更があるかと思いますがご了承のほどお願い致します。
【写 真】今期のイベント内容は下記のとおりです
  その1…「第8回“桜„ウオーク」…雨天の場合は「雪の科学館」の見学を主とします。
     2…「佐々木雅也」経済講演会は今回、地域の話題を拡大し、“「橋立」北前船の歴史から今後の地域
       (加賀)の経済へのつながり„を組み入れ、全国北前船研究会副会長の見附裕史に加わっていただきます。
       コーディネーターは「当会」事務局長 東川敏夫が務めます。三人とも「片山津温泉出身者」です。     
                ~お気軽にお越し下さい~

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31)年 (2019) 3月10日掲載>

もったいないほどに美しい「白山」
今日{3月9日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の「白山」は写真に収めないともったいない程に美しく、圧倒的な存在感を放っていました。
昨日は少し気温が下がり、白山山頂には新たに雪が積もったようです。豊富な雪が輪郭を際立たせ、晴れた空に綺麗な曲線を描いています。
写真を撮っている際、同じく白山を眺めていたお客様と「こんなに綺麗な白山をみられるなんて幸せですね」と会話しました。   
初めてお会いした方と同じ景色に感動し、共通の感想を述べ合う。そんな時間にもまた、幸せを感じます。
                      撮影/雪の科学館 Kaori Shin

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31年 (2019) 3月7日掲載>

磯崎 新氏に 2019年プリツカー賞 ‼
中谷宇吉郎「雪の科学館」も手掛けた建築家
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【写 真】
  今朝(6日)のテレビニュースで報道されました。世界的な建築家 磯崎 氏が、2019年のプリッカー賞受賞の
  報道です。
  磯崎氏は、日本各地でも夫々有名な美術館、公共施設の建築を数多く手掛けておられますが、その中に、 
  中谷宇吉郎「雪の科学館」の建築設計をもされました。 
  「当会 I Love 加賀ネット」の立ち上げ原点は、加賀市潮津町の地にある中谷宇吉郎「雪の科学館」であり、
  HPを含め各種「事業」を立ち上げあります。当HPをご覧いただければご理解いただけると思います。                           
  まず、賞をご祝福を申し上げますと共に、今後も「I Love加賀ネット」のホームページを通してゆるぎなく「雪
  の科学館」情報を発信してまいります。

    〇プリツカー賞
      世界中で活躍する建築家の業績を讃えて贈られる賞。建築業界のノーベル賞と例えられる。
    *写真説明…冬の朝陽/二女芙二子さん修景の中庭/桜満開の館全景
                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    〇イグ・ノーベル賞
      2003年ハトに嫌われた銅像の化学的考察」。兼六園内にある日本武尊の銅像にハトが寄り付かない
      ことをヒントに、カラス除けの合金を開発した。 =廣瀬幸雄(金沢大学教授) 現・中谷宇吉郎「雪の科
      学館館長=

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31年 (2019) 2月22日掲載>

【事業報告】
〝冬〟~〝春〟の風景
爺ちゃんのアトリエから ≪冬から春へ≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 【写 真】
   左) 2014年03月11日  雪の兼六園
      今朝はやけに寒かったですね。早く春の陽気になると良いですね。
      相変わらず雪の絵ですが、兼六公園の琴似の燈籠と雪吊りの唐崎の松、代表的な構図ですがとても
      好きです。この次はお城の石川門を描いてみたいと思っています。
   中) 2017年04月01日  久良木公園
      桜が満開に咲くとキッとこうなるであろうと言う想像の下、描いてみました。
      場所は磯子からバスで10分の久良木公園です。
      何が釣れるんでしょうか、魚を釣っている人、絵を描いている人、散策を楽しんでいる人、気持ちの良
      い一日でした。
   右) 2018年03月24日  金沢八景、平潟湾
      漸く暖かくなり、外に出るのも億劫で無くなりました。
      金沢八景駅の近くの平潟湾に浮かぶ船を描くことにしました。 
      桜が咲き始めましたね。次は桜の絵がお届け出来る様に頑張ります。

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31年 (2019) 2月5日

【事業報告】
立春に卵が立つ。
フードビジネスアドバイザー 山崎英樹(加賀市塩浜町在住)さんも挑戦。
→この通り!!

 

   

  ■ I Love加賀ネット情報 <平成31年 (2019) 1月29日掲載>

【事業報告】
❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆
かがく宇(う)かん」公開研究会
中谷宇吉郎出身地・片山津温泉で開かれる
❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆
[写 真]
   左) 宮元加賀市長の挨拶
   中) 会場内
   右) グリーンランド氷河の原(修景/中谷芙二子)(雪の科学館:中庭)
      中庭はグリーンランド氷河のモレーンの石の原。 博士が最後の研究をした北緯78°の極地から来
      た60tの石です。 風に舞う「人工霧」が北の便りをとどけます。

 

   

   ■ I Love加賀ネット情報<平成31年 (2019)1月14ページ日掲載>

【事業報告】
********************
快晴の冬景色
「柴山潟」と「白山」頂上
********************
  【写真】
    上) 加賀市医療センター(加賀市作見町)付近からの「白山」1月13日<13:17写す>
    中) 中谷宇吉郎「雪の科学館」からの「白山」1月13日(15:07写す)
    下)        同 上

 

   

   ■ I Love加賀ネット情報<平成31年 (2019)1月5日掲載>

【事業報告】
 【写 真】
   左) 中庭…『の彫刻家』として知られ、宇吉郎の二女中谷芙二子氏が修景を担当
 中・右) 来館者の自作「雪のペンダント」…館外の桜の木の枝に(溶ける前の写真)
❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆
晴れたこの日の「雪の科学館」
~雪のペンダントが桜の木に・・・~
❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆
コメント・・・2019年になり、雪の科学館からみて白山がはっきりと山頂まで顔をだしたのは今日が初めて。凛々しい姿は雪を豊富に蓄え、より一層の存在感を放っていました。

雪の科学館に隣接する喫茶「Tea room 冬の華」の前には白山と柴山潟を一望できる場所があります。とっておきの写真スポットなのですが、そこにお客様が写真を撮った形跡が!
雪の科学館で体験できる実験のひとつ、本物の氷でつくったペンダントが木の枝にひっかけてあったのです。
太陽のひかりでキラキラと輝くふたつの氷。私も思わず写真をパシャリ。
皆さん様々な方法で想い出を素敵に撮影し残していらっしゃるようです。
                写真・コメント/雪の科学館 新 佳織

 

   

全部で 890 件が登録されています。[ 1-10 ]
[ 1] 2 3 4 5 次へ
 

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内)     Tel 0761-74-1147   Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.